葬儀社のサポートを受けよう|手厚いサービスで遺族の負担を軽減

安置するまでの流れ

お葬式

東京は国内でも人口密度がとても高い都市になります。そのため毎年多くの方が亡くなる地域でもあります。東京で大切な家族や友人が亡くなってしまった場合には、逝去後に正しく対応することが大切です。逝去してから遺体を安置し、葬儀を行なうまでの流れにはいくつかの種類があります。内容を確認して、故人としっかりとお別れできる葬儀を行ないましょう。

まず東京の病院で故人が亡くなってしまった場合、安置方法の選択肢をしましょう。安置の方法は東京の葬儀社などの施設によって変わります。一般的にご遺体の安置は自宅で行なわれます。ですがそれが難しいようであれば、安置部屋を備えている葬儀社や、その他の安置施設の中から選択することが出来ます。葬儀社によっては、エンバーミングという方法を用いることで、綺麗な顔立ちのまま旅立つことが出来ます。綺麗な姿で安置できるため、遺族の悲しみを和らげることが出来るのです。また安置するスペースも、それぞれの施設によって異なります。自宅であれば、故人と関係があった方々を気軽に招き入れることが出来ます。ですが状況によってはそのお世話をしなくてはいけなくなるため、遺族へ多少の負担がある場合があります。一方で安置所がある葬儀社の施設では、面会者に対して柔軟に対応することが出来るというメリットがあるのです。

また安置する前の遺体へのケアの方法についても確認しておきましょう。自宅の場合ですと、基本的にはドライアイスや湯灌を用いてケアしたり、保存したりします。葬儀社の施設によっては冷蔵庫を使用して保冷保存することも可能です。このように様々な方法で安置することが出来るため、それぞれの状況に合わせて選択していきましょう。