葬儀社のサポートを受けよう|手厚いサービスで遺族の負担を軽減

当日までに準備すること

作業員男性

遺品整理業者には前もって連絡しておくといいでしょう。突然、遺品整理の作業を依頼しても業者のスケジュール的に受付できない可能性もあります。また急に作業を開始してしまうと、依頼した側も準備が間に合わないことがあります。こちらでは遺品整理作業当日を迎えるまでに、依頼主がしておくべきことをいくつかご紹介します。そして、遺品整理作業当日には何をするべきなのかも確認しておきましょう。

まず遺品整理作業を迎えるまでに、依頼主がしておくべきことがあります。それは、残された道具や家具などが必要か不要かの仕分け作業をある程度しておく。ということです。遺品整理業者が作業当日に一番知りたいのは、処分するものとそうでないもののボーダーラインです。そのため依頼主がボーダーラインを明確に示している現場では、非常にスムーズに作業を進めていくことが可能になります。この仕分作業は、業者が現場に訪れる前に終わらせておくことが理想的です。

そしていよいよ作業当日。この日はできるだけ業者と一緒に現場で立ち会うのがベストです。というのも事前に仕分けするボーダーラインを決めてはいるものの、作業を行なっていく中でどうしても整理の判断に困ってしまうというような場面は多く出てきます。そのような状況が発生してしまうと作業スケジュールを遅らせてしまう原因になります。そしてこのような状況が発生するのは、作業開始1日目であることがほとんどです。そのため最初の1日は、依頼主が現場で赴き最終的な判断を指示しましょう。2日目以降であれば、仕分け作業自体はほとんど終了し、遺品の配送、処分作業がメインになります。